読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「ウソみたいなホントⅠ」〜SMAPの話④〜

 

この人たちは、雑誌やドラマの設定よりも地がウソみたいに面白いからスゴイ。 

 

 「中居くんと木村さんが同じ高校の同級生で、

吾郎ちゃんと草彅くんが同じ高校の先輩後輩で、その草彅くんの親友が慎吾ちゃん。」

「当時、一番人気だったけどオートレーサーの夢を叶えるためにグループを脱退した森くん。」

を、前提にドラマか漫画かよ、と個人的に思うエピソード(高校〜森くん脱退)を並べていきます。

 

中居くんと木村さん

・中居くんと木村さんは同じ高校、同じバスケットボール部

・ヤンキー派中居くんとチーマー派木村さん。

・卒業式にそれぞれの集団同士のケンカで相対するふたり。

・そのケンカの相手側に中居くんがいた事をずっと疑問に思っていた木村さん。

・卒業式の帰りは正門にファンが詰めかけていたため、裏口からそれぞれのお母さんと四人で帰る。そして、四人でファミレスでご飯を食べる。

・卒業式の帰りに木村さんと一緒に仕事に向かった事が、20年間SMAPをやってきた中で一番楽しかったと言う中居くん。

・文化祭の催し物でファンが詰めかけたため、ふたりで二階の窓から逃げたと言う中居くん。

・いや、本当はファンが詰めかけて先輩が怒ったためだと言う木村さん。

・入学試験の時、お互い前後の席順で試験を諦めて鉛筆をコロコロし始める後ろの席の中居くん。

・その中居くんに答えが見える様に体をズラす前の席の木村さん。

・合格発表を一緒に見に行くふたり。

 

 吾郎ちゃんと草彅くん

・草彅くんは高校の芸能科初の堀越賞受賞者。

・女の子にすごくモテる吾郎ちゃん。

・吾郎ちゃんを好きな女の子から、吾郎ちゃんについてあれこれ聞かれる草彅くん。

・その度に、なんで俺のところに来るんだと思う草彅くん。

・学校の終わる時間は同じでも、仕事の入り時間に遅れてくる吾郎ちゃん。

・普通に仕事に来てそれを不思議に思う草彅くん。

・ふたり一緒の下校中、不良に絡まれて立ち向かう草彅くん。

・その草彅くんを置いて逃げる吾郎ちゃん。

 

草彅くんと慎吾ちゃん

・ラジカセを持って渋谷でダンスの練習をするふたり。

・寿司屋に行って「好きなのを食べなよ」と慎吾ちゃんに言う草彅くん。

・でも財布の中身を気にする草彅くん。それに気付く慎吾ちゃん。

・最終的にお支払いは草彅くんのお母さん。

・草彅くんと不良の絡みを草彅くんと知らずホームの向かい側から見つけ、止めに入る慎吾ちゃんのお父さん。

 

森くん

・森くんの事務所契約が切れる日に、家に集まり森くんの断髪式をする五人。

・そこに吾郎ちゃんは不在。

・森くん最後のお仕事「STOP THE SMAP!」収録後、四谷三丁目の焼肉屋に行く六人。

・その帰りの明け方、並んでお尻を出して写真を撮る六人。

・森くんと最後のコンサートだからと、ホテルを抜け出して街に繰り出す六人。

・その際に囮になり後から合流する中居くん。

・帰ってきて怒っているマネージャーさんと相対するリーダー・中居くん。

・森くんの初レースの日には中居くんは慎吾ちゃんと、三人はそれぞれで観戦しに行くSMAP

・「オートで日本一になったらまた会おう」と約束する六人。

 

 

…テレビ、ラジオで見たり聞いたりしたものからネットの拾いものまで。

脚色されているだろうものから、ウソがつけないものまで。

ちょいちょいお母さんお父さん出てきてます。笑

 

当時の彼等で学園モノつくれますね。

最上級生のヤンチャなふたり。

真ん中のふたりは女の子にモテる。

最下級生は真面目な男の子。

その男の子の親友は、二つ下の明るい男の子。

 

ウソだけど、ウソじゃない。

「事実は小説よりも奇なり」じゃないけどこの人たちの話は、下手したらドラマの設定よりうまくできてるし面白い。

言えない事も含めたら、当たり前だけどドラマより重い。

そんな人たちが演じる役柄や作品はだからこそ面白い。

次は、SMAPのチーム力に関する内容をあつめたいと思います。