読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「火付盗賊改方・長谷川平蔵」

 

 

私は小さい頃から時代劇が大好きで、この「鬼平犯科帳」と「暴れん坊将軍」がお気に入りでした。

 

人の世のどうしようもない理不尽から、止むに止まれぬ事情で罪を犯して良心の啊責に苛まれる庶民。

そして見るからに悪い顔した悪党どもを一網打尽。成敗する火付盗賊改方長谷川平蔵

 

格好いい!

なんて格好いいんだ、中村吉右衛門さん。

 

渋くて賢くてユーモアがあって、なにより心ある人物・鬼の平蔵。

仕事ができるだけじゃあダメなのさ。

心を持って仕事をしているからこそ、部下たちに慕われ庶民に感謝される頭なんだよ。

 

ただただ事象を見るだけじゃあいけないのさ。生きてる人がやってんだから。

 

 

鬼平犯科帳」は、美術さんのお仕事が素晴らしい。

年期の入ったザルやら竹箒やら生活の小間物から、人の着物や長椅子の布地。

部屋の中の桐箪笥や置物や黒光りする縁側…挙げたらキリがない。

美術さんの細やかなお仕事が光るのも、鬼平ならではとお見受けします。

 

続いて自然の景色、三味線のお歌。

絵の様な画面が並びます。

これは映像の方の力ですね。

時にモノトーンに、時に華やかに。

シーン毎の内容に沿った画面の色調は、物語をより一層引き立てます。

 

物語は言わずもがな。

見ている人を泣かせようと意気込んでなんかいない。

派手な音楽がなる訳でもない。

涙する役者のアップを撮るわけじゃない。

語る平蔵と涙する庶民。

静かにじんわりと心にしみる平蔵の人情。

ボロボロと泣かせて頂きました。

 

 

現実には勧善懲悪なぞありませんが、願わくば。

 

人と人とで出来ている世だからこそ、誰かの理不尽で誰かが泣くなんて事は、なるべく、なるべく、起きないでほしいものです。