読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「Disc2」〜「SMAP 25 YEARS」の話③〜

 

Disc2
Disc1最後の曲「らいおんハート」から、楽曲の雰囲気が変わってくる。
時代に沿ったポピュラーさを取り入れながら、「世界に一つだけの花」以降はよりスケールの大きい国民的とも言える楽曲へ変化していってる様に思えます。その変遷を見られるのがDisc2。


個性尊重や反戦歌。「日本」というワードが出てきたりと、中盤辺りから曲の持つメッセージ性が重くなる。

その中にある「BANG!BANG!バカンス!」のユーモラスさがまた絶妙だなと感じます。

 

 

「オレンジ」
もはや隠れていない名曲。
投票二位。一番好きな曲。

「らいおんハート」カップリング曲。
サビの切ない歌詞を、振り絞る様に力強く歌う五人の声。物語が眼に浮かびます。
歌詞とメロディとアレンジと歌声が見事に合致しているから、こんなにも心に響くのかな。


「freebird」
好き。
pv冒頭の草彅くんと慎吾ちゃんのやり取りが好きです。
シングルでこの柔らかく明るい伸びやかなサウンドは、SMAPとしては新しかったんじゃないのかな。

 

FIVE RESPECT
二つ目のFIVEシリーズは木村さんの導入。
「Five True Love」は個々の歌い方で差を出していたけど、「FIVE RESPECT」は曲アレンジでより個性を出してきてる。
それぞれ歌い方が落ち着いて、前作よりも声に重みがある。
今まであまり変化を感じなかったけど、このアルバムを聴くと変化が分かる。

 

世界に一つだけの花」(シングルver)
ここで、この曲!
曲順が頭に入っていないので、次がどの曲かワクワク感があります。

13年前に買ったCDのジャケットは、色褪せて空の色が少し明るくなっています。
一週間前、渋谷を歩いていた時にこの曲が聴こえてきて思わず振り返りました。
SMAP 25 YEARS」が大型ビジョンで宣伝されているところでした。

 

「僕は君を連れていく」
この曲入ってたっけ!と思わず口から出ました。
「らいおんハート」と「世界に一つだけの花」のシングルメイン、カップリング曲コンプリート。優しいのに芯がある曲。

 

「SUMMER GATE」
「SUMMER GATE」は好き!
アガる!!

「MIJ」には良曲が多いと思います。

 

「A Song For Your Love」
この曲も当時アルバムを聴いた中で特に耳に残った曲。

下三人がバックダンサー。
上二人が前に出て歌う「MIJ」ライブの映像を思い出します。
吾郎ちゃん草彅くんペア。
中居くん木村さんペア。
慎吾ちゃんソロ。
のパート分けがイイ。
間奏アレンジが独特で面白い。

 

夏日憂歌
大好きです。
「オレンジ」「SONG2〜the sequel to that〜」「夏日憂歌
は非公認で三部作と言われているそうですが、漏れる事なくこの三曲は初めて聴いた時からかなりお気に入りです。
この切なさがイイ。

 

「ススメ!」
ススメー!
と、あのポーズを取りながら歌いたくなる。CDだけでスケールや爽快感感じるのに、「MIJ」ライブでは台詞と客席込みで何倍も格好いい。

 

「Song of X'smap
当時、リアルタイムでドラマ見ました。
DVDディスクを整理していたら、ドラマCMが残っていました。
ケータイの着メロをダウンロードしたのを覚えてます。

 

BANG!BANG!バカンス!
バカとガキ推しの、くどかんワールド!

歌い方もはっちゃけてる。
シングルは「世界に一つだけの花」「友だちへ〜Say What You Will〜」と「Triangle」に挟まれてるこの曲。
前後のメッセージ性強い中、歌う側としては気持ち的に助かるんじゃないかな、と今では思います。
そういえば「世界に一つだけの花」の後、二年くらいシングルを出さなかったのは何でだったんだろうな。

 

「Dawn」
大好きです。
サビが特に。
五人合わさった歌声の力強さと伸びやかさ。メロディ、アレンジ共に感動します。
木村さんと慎吾ちゃんの大サビも、力強いのに切なく訴えてきてグッとくる。

 

「Fine peace」
木村さん、草彅くん、慎吾ちゃんの曲。
個人的に三人が中居くんへ贈る歌。

 

「Triangle」
反戦歌。
世界に一つだけの花」からこっち、どんどんスケールが大きくなっていく。
思えばJ-POPでこんなにストレートな反戦歌って珍しいんじゃないか。
争いを厭う歌詞は吾郎ちゃん。
意思を掲げる歌詞は木村さん。
草彅くんは、ささやかだけど強い願いを。
中居くんは、今もどこかで起きている事実を。
慎吾ちゃんは、広い視野を歌います。


Dear Woman
「ようこそ日本へ」
TSUBAKI」のCMタイアップ曲。「TSUBAKI」買ったなあ。
宇多丸さんも言っていたけど「ようこそ日本へ」なんて誰もが嫌味なく歌えるものじゃない。
Disc2ラストの曲なのに、曲終わりは「次」を予感させる。
Disc3へ続きます。