読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「㉔〜㉞」 〜「Clip!Smap!コンプリートシングル③感想」の話〜

以降は、とても個人的なpvの転換期毎に分けた箇条書きの感想です。同じく、内容もかなり個人的です。思った事をただひたすらに並べているだけです。以下。

 

◎「Clip!Smap!」収録分まで。

 


㉔「ダイナマイト」

十何年前にこのpvを見た時は、楽しそうだないいなあ、と思いました。 小さい頃、トラックの荷台に乗る憧れがありました。

 

歌い出しは中居くんと吾郎ちゃんコンビ。

木村さんと草彅くんは兄弟みたい。

慎吾ちゃんはソロだから頑張ってる。

木村さんと慎吾ちゃんがガンガン草彅くんに構ってます。

ファンの人たちがちょいちょい画面端で走ってます。木村さんも一緒になって走ってます。

草彅くんは誰かにあいさつしてる。

こっちをじっと見つめているおばさまが、実は結構お気に入りです。

 

㉕「セロリ」
懐かしい!
慎吾ちゃんと木村さんのラップパートは練習しました。

昨年は、ラジオで山崎まさよしさんver.の「セロリ」をよく耳にしました。木村さんは山崎さんの歌い方にだいぶ寄せているんですね。

 

暴れる後ろふたり。おとなしい前三人。
歌い手にスポットライトが当たる演出とか、後ろの楽器隊とか、スーツの着方の違いとか。羽の映像演出とか。好きです。
ここでも木村さんが草彅くんにガンガン絡みに行くけど、中居くんは慎吾ちゃんに触られるのを避けてる。らしさが出てるなと思います。

 

㉖「Peace!」
初めて見ました。
プロジェクションマッピングに、データ化された五人に、ライブする五人。
設定がたくさん。
どれだ。どのノリで見ればいいんだ。
目の色が違うのは木村さんは、もともと色素が薄いのであまり違和感がありませんでした。


㉗「夜空ノムコウ
好きです。
スマスマでミニドラマをやったらしいですが、リアルタイムで見てみたかった。

ラジオ、雑誌、ドラマ、ニュース、歌録り。
バス、自転車、電車、車、徒歩。
設定が分かりやすくて、それぞれ個々で頑張っている五人が集まるところがイイ。

煙草を吸うアイドル。
歩道橋の上の草彅くんはセンターなのに押し潰されてる。笑
この夜の撮影は、木村さんがカキにあたっているんですよね。
それを抜きにしても風が強くてみんな寒そう。

 

㉘「たいせつ」
Tシャツジーパンも似合うけど、スーツも似合う。フォーマル、ラフどっちも似合う。
スタンドマイクのフリが好きです。

 

㉙「朝日を見に行こうよ」
これも好きです。
「手をつないで歩いたことなんて とっくに忘れていても  "キレイね"とつぶやいた そのままでいて欲しい」
切なくて優しい歌詞。

明かりで遊ぶ中居くん。
木村さんは「夜空ノムコウ」に引き続き寒そう。吾郎ちゃんのキレイな横顔。
下二人はやっぱり一緒。かわいい。

朝焼けがきれいですけど、この景色を撮影に当てるのも大変ですよね。

空をバックに朝日の当たる五人が、爽やかで切なくて好き。

 

㉚「Fly」
バードマン!!
これは初めて観た時、え、pv?と驚きました。

そして、今見るとコレを作った人はかなりマニアックでしょう。アイドルのpvにしては世界観しっかりしすぎ。完成度がおかしい。

役者さんもガチだし、つくり手のこだわり見えてます。

 

「Fly」を歌い出す吾郎ちゃんの合間に、ボヤけた五人のカットが入ってくるのが格好いい!
クセモノと渡りあう木村さん。
女の子と遊ぶ慎吾ちゃん。アイドルとは。
従業員草彅くんがナチュラルすぎる。
眼帯をつけた只者じゃなそうなマスター。

スーツはそこから奪うんだね、っていう。

このシーンで、スーツを着ないとバードマンになれないし、もしかしたら飛べない設定なのかもしれないと当時は思いました。

次いで、シリアスぶってる中居くん。
でも、似合う。チンピラを腹パンして銃をガチャガチャするアイドル。

 

場面変わって、路地裏から、なんかきた。
ブルースリーみたいな人たちを倒していくバードマンたち。呆気にとられる通行人カップル。

吾郎ちゃんを助け出した後、屋上で追い詰められる五人。笑いながら銃を投げ捨てる五人。

控える寺島進さんの笑う演技が、イイ。
ひとつ輝く星の下、飛び立つ五人。
人影。合間に挟まれる五人の映像。
血のついた羽が舞うとか、なんだこれかっこいい。

 

「あんただけは特別なんだ」って、レクサスさんとは友だちになれる気がします。

 

そして、VHSver.エンドロール!!

役者さんを映すところに愛を感じます。
いいなあ、コレ。

歌う人が前に出る。
後ろでヤイヤイしている残り四人。
歌わないで会話する五人。

この撮影をしたから、中居くんと草彅くんが自分たちの歌い出しのパートは「ぜー」なんだよね、というネタも出たんでしょうか。

印象に残ったというか。

 

格好いい木村さん。

ちょける慎吾ちゃん、吾郎ちゃん。
中居くんはカッコつけてる風だったけど、やっぱりふざける。草彅くんがまったく動かない。

吾郎ちゃんを隠す上ふたりと、その前に立ちはだかる慎吾ちゃんと、動かない草彅くん。

…が、前に押し出されて戻してもらえない。

かわいい。でもキメる。そして逃げる。

いいなあ、このやり取り。
収録、ありがとうございます。

 

㉛「Let It Be」
歌い方に個性があるのがよく分かります。
吾郎ちゃんはクセが強い。
草彅くんは一生懸命歌う。
木村さんはアレンジしまくる。
慎吾ちゃんは声量があって伸びやか。
踊りはバラバラなんだけど、揃えないとキマらないところは揃えてくるんですよね。

 

㉜「らいおんハート」
初めて見た時、キレイなpvだなあと思いました。水面に映る窓明りが月みたい。

雪と月と水の演出。

 

円形のフォーメーションを撮影しているシーンが好きです。黒の衣装が格好いい。黒髪の中居くんは珍しい。

黒衣装にしたのは雪の白が映えると考えたんだろうな。

グラスが転がる演出は何度か実験したんだろうな。

まさか、歌詞にある言葉でアンサーソングができるとは思っていませんでした。

最後、一瞬の早回しの後に雫の滴るエフェクトで終わる演出が好きです。

 

㉝「smac」
初めて観た時、面白いなあと思ったんですが単純に忙しかったんでしょうね。
実際、五人揃ってpvを撮るって難しいでしょうけど。

過去のいろんな曲を混ぜた作品だとしても、今までとはかなり毛色が違うpv。

 

㉞「free bird」
出だしの草彅くんと慎吾ちゃんのやり取りが好きです。この曲も好きです。

海の見えるコテージで遊ぶ五人。

こういう素っぽい姿がやっぱりイイ。