読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「㉟〜㊽」 〜「Clip!Smap!コンプリートシングル④感想」の話〜

以降は、とても個人的なpvの転換期毎に分けた箇条書きの感想です。同じく、内容もかなり個人的です。思った事をただひたすらに並べているだけです。以下。

 

◎トリプルミリオンの代表作〜20周年。

 

㉟「世界に一つだけの花

これは当時何度も見返したシーン。 画面の前で同じをフリするっていう事をやってました。

大人も子どももおばーちゃんも。

みんな、聴いてる歌ってる。

グッと、親指立てる中居くん。 ここまでの変遷を見ていると、この人たちはミリオンヒットを記録して国民的とか言われても自然体なんだな、と思いました。(多少は背筋伸ばすでしょうが。)着実にこなしてきたキャリアが強い。

 

㊱「友だちへ〜Say What You Will〜
廃校になる学校を借りたのかな?
超コンパクト撮影。
吾郎ちゃんにも締め出される草彅くん。
木村さんの目が光に照らされて、やたら茶色い。

 

㊲「BANG!BANG!バカンス!」
空港の近くにキャンピングカー。
スクーター乗る中居くん。
写真撮る吾郎ちゃん。
犬に引っ張られ、鳥と戯れる草彅くん。
クマのぬいぐるみと戯れる慎吾ちゃんは、吾郎ちゃんに突撃。
ピアノ弾いてたけど、楽譜を紙飛行機にする木村さん。
犬たちと一緒にソファに座っている画はなかなかシュールに感じました。

 

㊳「Triangle」
現実を叩きつけてくるpv。
SMAP強い。
吾郎ちゃんが来た。
おばあちゃん、がんばれ。
おじいちゃん、格好いい。
あれ、みんな来た。
木村さんは「やまもと」。

俺らもいるけど、あんまりこっちばかり見てないで自分の人生もしっかり見つめて生きろ感が、SMAP。好き。

 

㊴「Dear WOMAN
TSUBAKI」タイアップ曲。
美しい女性たちとSMAP
五画面に五人が映るのが好き!
慎吾ちゃんの自分のソロ終わってからの切り替えが、いい。
草彅くんのお辞儀っていつも真摯さがこもってる。

 

㊵「ありがとう」
やや「smac」のノリを感じます。
ややNHK教育テレビのノリも感じます。
チャップリンの機械工場は少し違うか。
宇宙へ旅立ち、アリが10匹放たれてみんな真剣な表情をしてる。

でも少しシュールで笑ってしまう。
虹色の植物が育ってSMAPと書かれて感動…かなあ?月にSMAPは凄いけど、それよりも曲とのギャップが凄い。

月を見上げるみんながいい笑顔してます。

 

㊶「弾丸ファイター」

「街中」という背景は"身近な男の子"を当初からのコンセプトにしているSMAPに、よく似合うシチュエーションだなと思います。歩いてるだけで様になる。

監督さんはSMAP作品によく関わりのあるタカハタ秀太さんなんですね。「ホテルビーナス」当時観に行ったなあ。眺めているここはどこだろう。

リレー形式で歌を繋いでいく、コンビのローテションが好きです。中居くん草彅くんの万歳三唱がかわいい。モノクロからカラーになる画面。

東京タワーを背景に五人の横顔が並ぶシーンが格好いい。

 

㊷「そのまま」

ずっと聴こえる文字を打つエフェクトが好き。

時代に沿ってるカンジもイイ。

それぞれ違うカタチのハート。

慎吾ちゃんが痩せてる。
電子世界にいるSMAP。 メッセージを送るメッセンジャーでしょうか?

五人五様のポーズをとって大サビに入るところが、流石。

はじめ、男性が加瀬亮さんだと分かりませんでした。アーティストさん、俳優さん、モデルさん。様々な人の架け橋になるSMAP

 

㊸「White Message」

ライブ映像。 やっぱりプロのエンターテイナー。 プロのパフォーマーは年齢じゃない。
ネタが分かり易いパフォーマンスだけど盛り上がる。
 
「拓也」呼びが狙ってる中居くん。

「正広」呼びするのは吾郎ちゃん。

私は貝になりたい」関連で「貝になれ」って連呼する下ふたり。でも草彅くんは一瞬「カキ」って言ってる。

最後、ひとり後ろを振り向く中居くんは分かってる。

 

㊹「この瞬間きっと夢じゃない」

この曲、好きです。

中居くんは野球チーム。
草彅くんは店員さんと。
吾郎ちゃんはやっぱり女性担当。
慎吾ちゃんは子どもたち担当。
木村さんは漢担当。
それぞれの設定がしっかりと分かれてる。

相変わらず木村さんのパフォーマンスはブレない。

 

㊺「そっときゅっと」

いつもは人の目には見えないらしいSMAP
人外…妖精SMAP


落ちたアクセサリーを拾い上げる木村さん。

花びらと香りを吹きかける吾郎ちゃん。ヴオッティチェリの「ヴィーナスの誕生」みたい。

ぬいぐるみで笑かす慎吾ちゃん。

でも、ぬいぐるみが泣いちゃう。

ハンカチを渡せずにそっと置く中居くん。

雨に濡れるお姉さんに傘をさす草彅くん。

ほんの少し踊りのお相手をする木村さん。


結果、吾郎ちゃんがあまり何もしていない、と笑った自分ですが。中間管理職故に、一歩引いて直接的なモーションを仕掛けない演出が吾郎ちゃんですね。

台詞を言うメンバーがまた個性出てて素敵。

リン・チーリンさんが美しくて男前。

街中にひっそりとあるベンチにはSMAPがいて見守り励まし送り出してくれる、という設定でしょうか。

 

㊻「スーパースター★

ライブ!超楽しそう!

生歌が勢いがあって元気になる。

この曲は、早口で大変そうです。

吾郎ちゃんの手が中居くんに当たって、吾郎ちゃんはスッとフェードアウトからの草彅くんが巻き込まれてる。中居くん笑っちゃってるし。みんなで歌って笑って盛り上がって、このSMAPのノリが大好き。

 

㊼「This is love」

お台場フジテレビからの、スマスマにビストロ。画面越しに舞台の裏側見学ができて嬉しい。

金髪赤メッシュの慎吾ちゃんは、似合うから流石です。木村さんと草彅くんは短髪の方が好き。一般人の守衛さんを紹介するのは中居くんらしい。ダンスシーンの吾郎ちゃんの上着の衣装が不思議。

 

慎吾ちゃんがインフルエンザの時の看板が残ってるんですね。凄い。 木村さんに飛行機は「GOOD LUCK」がどうしても浮かびます。

ラストの慎吾ちゃんの愛情表現と照れ隠しが激しい。

 

㊽「僕の半分」

みんな、キレイな顔してるなあ。

モノローグ調の仕上がりにちょっと泣きそうになってしまいました。

こんなに笑って、こんなに盛り上がって、こんなに愛されて。最後まで手を振って笑ってはけてく。帰りも手を振って見送ってくれる五人。

滅多にないエネルギーと心のあるグループ。