どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

pvおまけ

以降は、「SMAPO(すまっぽ)」内の特典動画に関するとても個人的な箇条書きの感想です。内容について思った事をただひたすらに並べています。以下。

 

 

  

 

 

「掌の世界」
水と映像表現がきれいで格好いい。
感情的ではなく理性的な印象を受けるのは、TKさんの世界観に寄っての事なんでしょうか。
サカナクション提供曲の「moment」は、ストライプを背負った演出が目につきました。紅白やスマスマ等々、五人がそれぞれ一筋のラインに入る演出がよくあったのは提供者のスタイルをリスペクトしての事かなと。なので、このpvの演出はTKさんの世界観を少なからずリスペクトしたものなのかなと勝手に想像したり。

「伝えられなかったこと全部 夢がほどけてしまう前に」
の慎吾ちゃんの必死な歌い方が好き。

イスに座っているとモーションも限られるのか、掌を魅せるパフォーマンスが目につきます。
中居くん、木村さんのソロ、草彅くんの大サビが演出込みで格好いい。

 

「gift」
スタジオのセット感ハンパない。

テレビのパフォーマンス感ハンパない。

スタジオの床の中、動き回る五人とセット。
窓から覗く上ふたりの前に下三人が並ぶ図が、珍しくて面白い。
ハイタッチしてふたりで絵本を開く木村さんと吾郎ちゃん。ハイタッチして回る中居くん。

チーム感をあからさまに出している動きが多くてSMAPにしては珍しい。どんなかたちであれ五人の出すチーム力は大好きですけど、個人的にあまり見ないモーション構成だなと思いました。

「2パート目!」「大サビ!」の演出が面白くて好きです。セットが手が込んでいて、カメラや動きを合わせるのが大変そうだなと思いました。ラスト、プレゼントの中に収まる五人。

「gift」はSMAPそのもの。


「Mr.S-SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-」
映画の撮影みたい!
格好かわいい海外のお姉さんたちとプライベートを過ごすSMAP設定。
本を読む中居くんだったり、お酒を飲む草彅くんだったりちょこちょこ現実が入ってくるのがSMAP流。

木村さんの舌を見せる仕草や、座りながらの細々したモーションがいちいちキマってる。
吾郎ちゃんのじっと目で訴える表情やふっと笑った顔や、白いスーツがとても似合う。
慎吾ちゃんのフランクさと、おちょくってるかの様にパンを食べて去るところ。

大人な子どものキャラクター。
中居くんは明るい髪色とピンクのスーツを着込む中、渋い雰囲気でキメているところが甘さも渋さあって格好いい。
草彅くんの切なげな表情や、曲終わりに映る背中が格好いい。真っ赤なスーツの衣装が似合うのが、凄い。

 

「シャレオツ/ハロー メイキング」

pvカメラにもサービスしてくれる木村さん。

指を口元に持ってく仕草がキマってる吾郎ちゃん。五人の横顔が並ぶシーンはやっぱりカッコいい。話し合って笑う木村さんと慎吾ちゃん。

草彅くんに笑いながら話しかける中居くん。

慎吾ちゃんのラストのソロの声が優しくてすごく好き。


画面越しでもオーラがハンパじゃないSMAP。 ステージで歌って踊って動き回ってる五人が格好良くて。衣装も髪型も表情もきまってる。どこを切り取っても画になるんだ。

プロってこういう事だ。

芸能人ってこうでなくちゃ。

エキストラさんと交流する五人の笑顔や仕草が格好いい。ただ話しているだけなのに、海外の人たちの中にいて華がある。そして場を盛り上げる気遣いが見える。

シャレオツの練習をする木村さん。エキストラさんとの絡み方を提案したり研究しているっぽい五人。

ハローの口笛を吹く木村さんは「夜空ノムコウ」を思い出します。ブレないなあ、この人。

 

 

「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ メイキング」

セットが凄い!

ライブの合間に撮影するため、ロケバスの中につくったセットなんですよね。

ローブを羽織った慎吾ちゃんはイギリスのファッションデザイナーみたい。

ソロのシーンは並んで撮ったりしてたんですね。ライブ中だし時間もないし、曲続きでそれぞれのソロならライブ感もあって動き易いんでしょうね。

フロアのノリが完璧クラブのダンスフロアのノリ。しかも盛り上がってる時のノリ。

楽しそう!

「ユーモアしちゃうよ」のスタートの木村さんの笑顔がいい笑顔。この撮影、各テーブルでいろんな事が起こってるしそんなに広い場所でもないし、撮る側も大変なんじゃないかな。

木村さんのギャグをやって盛り上げるサービス精神。ライブのダンスメンバーの顔と名前はひとりひとり覚える木村さんの心遣いと実践力って尊敬しかない。

外、寒そうだなあ。

メンバーそれぞれがそれぞれの席で盛り上げて、空気つくって。現場を盛り上げたりその場の空気をつくる力に長けている、本当のプロなんだな。凄いな。SMAPって本当に凄い。


「Otherside/愛が止まるまでは メイキング」

スタンドマイクが不安定。

マイクとれる。飛んでく。めっちゃ倒れる。

シルク・ド・ソレイユがいる…。

本チャンでは無表情でいるお姉さんたちがメイキングでは笑顔で、ギャップがかわいい。

そして、なんとなくみんな暑そう。
ビートルズのオマージュに見える「愛が止まるまでは」ジャケット撮影。 周りのパフォーマーさんに絡まなくていいのか気遣うところが木村さん。

ランニングマシーンの上で走ってるだけなのに、このずっと走ってる姿と紙吹雪の画が格好いい。第一線を走り続ける五人の姿そのままの様で格好いい。

SMAPのメイキングって内容が濃厚だと感じます。サービス精神というか仕事をしている以外のシーンも能動的なところが多くて、天性なのか努力なのか本当に人を楽しまる事に長けた人たちなんだなと思います。

広告を非表示にする