読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「とにかく笑えれば」〜11月21日スマスマの話〜

 

中田選手かわいい。笑

SMAP×SMAP」と中居くんの推しに愛がありまくりだった。

 

セッションは、ウルフルズだからもっと明るい衣装にセットと思ったら、白黒調に黒スーツとまた切なげな顔で歌う五人。

 

いつも歌の世界を歌う人たちなのに、なんかこう…目の前のスタジオを見て歌っている目をしてるんですよね。

目の前に現実見せる誰かがいるのかよ、なんてついつい疑った見方をしてしまいます。

 

とにかく、バンドの方たちの笑顔が光る。

いい顔で演奏する。

画面越しに分かる黄色いギターの年季の入り方とか、いいなあ。格好いい。

 

SMAPも、最後はそれぞれキリッとした顔をしていたけど、歌はもちろん演出もどこまでメッセージを読み取っていいのだろうか。

 

トータス松本さんのファン代理の様な歌を並んで聴くSMAP、と思わせるシーンがあったり。毎回、フリやフォーメーションも含め演出構成は誰が考えてんのかな。

 

歌割りは、やっぱりうまくできてるグループだなあ、と思います。

「らしい」人が歌うんだよね。

 

「あきらめない」

「逃げたくない」

「自分を見失いたくない」

「汗をかき」

「恥をかき」

 

「転がりつづける」

 

歌詞だけでなんとなくこの人が歌うかな、ってイメージできる。

 

だけど、やっぱりウルフルズのノリならもっと弾けている印象だから、なんだかね。

 

 

そしてラストの義援金の呼びかけ。

呼びかけにはメンバーの強い意志があったと聞きます。

本当に偉い。偉いよこの人たち。

 

全部のバラエティ見たわけじゃないけど、バラエティで唯一ずっと義援金の支援を呼びかけてる存在の尊さ。

分かってほしい。