読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうしてもSMAPがいい

平成生まれ一般人が「SMAP大好きだ!」と綴るブログ。「はじめに」の記事をお読みください。

「⑬〜㉓」 〜「Clip!Smap!コンプリートシングルス②感想」の話〜

以降は、とても個人的なpvの転換期毎に分けた箇条書きの感想です。同じく、内容もかなり個人的です。思った事をただひたすらに並べているだけです。以下。

 

◎六人で海外撮影〜五人で海外撮影まで。

 

⑬「オリジナルスマイル」

かっこいい!!新しい路線のpv。

やっぱりSMAPって海外に馴染みます。

そして、みんな衣装がキマってる。 草彅くんの白のハイネックが特に好きです。サングラスが似合う吾郎ちゃん。森くんの髪をかきあげる仕草がキマってます。

と、思えば木村さんは地下に潜り込んでる中居くんに笑ってるし。中居くんは子どもに構ってるし。慎吾ちゃんはこの頃から絵を描いてるし。かっこいいと気さくさが混じり合ってる六人。

 

⑭「がんばりましょう」

やっぱり森くんはクセなく格好いい。

木村さんはパフォーマー。下二人はかわいい。

中居くんと吾郎ちゃんはちょっとぎこちない。
 
このpvに関しては、中居くんと吾郎ちゃんはパフォーマンスの感覚が似ている様な気がします。ものすごく個人的見解ですけど。

木村さんは入り込む。
森くんは自然に入る。
草彅くんは天然で楽しんでる。
慎吾ちゃんは狙って楽しんでる。
吾郎ちゃんと中居くんは設定に入るんだけど、完全には入り込めない冷静さというか、ぎこちなさというか。

円形のフリは27時間テレビを思い出しました。

 

⑮「たぶんオーライ」

すごい、成長してる。

アイドルの成長記録見てるんですね、このpv集って。木村さんがキムタクになってきてる。

この演出を見ると、ヒーローだけじゃないダークヒーローもできるところが新しかった、という話がよく分かります。

そして、みんなフリがついてない時がめちゃめちゃ面白い。

ダンスはちゃんとやってるけど、振り付けがない方がイキイキしてる。

 

⑯「KANSHAして

短い。 ライブ映像。

みんないろんな事をやってる。

 

⑰「しようよ」

ジーパンTシャツは似合うけど、ジーパン生地は踊りにくいんですよね。

慎吾ちゃんはジーパンがダボダボ。

 「がんばりましょう」と似たようなセット。

相変わらず、ストリートの雰囲気が似合う。

もうみんな今とあまり変わらなく見えます。
ふたりずつ、三人ずつの組み合わせがそれぞれ見ていて楽しい。

 

⑱「どんないいこと」

六人はフォーメーションにバリエーションがあって考えるのが楽しそうだな、と思います。

ふたり、三人、六人。 五人が下がればセンターがつくれる。
 
慎吾ちゃんの衣装の爆竹が爆発してる。

落ちた、コケた。アイドルって大変。

コレってpvなんですね。

会場のつくりが「010」のライブ映像に似てるなあ、と思いました。

 

⑲「俺たちに明日はある

中居くんの「遊ぶ」って表現が好きです。「君色思い」のpvでも言ってましたね。
 
木村さんの、手元でマイクを一回転させるパフォーマンス。

後ろで勝手に踊る慎吾ちゃんと森くん。

草彅くんのリズムにのって止め、とか。

マイク逆さまの中居くんとか、歌う人を指差しする吾郎ちゃんとか。
 
やっぱり自由な方がイキイキしてる。 もはや決まったフリいらないんじゃないかな、この人たち。

 

⑳「胸さわぎを頼むよ」

書き込みしたり確認したり真剣。

時代もあるかも分かりません。が、負けず嫌いだったりはしゃいだり、子どもみたいに見える時もありますけど、やっぱりSMAPは見た目も中身も年齢より大人っぽい。

 

㉑「はだかの王様〜シブとく つよく〜」

本人たちはいろいろ忙しかったのかな。

ややsmac的ノリなpv。

唯一、衣装を着て六人揃っているシーンは貫禄があります。

 

㉒「青いイナズマ」

五人でリスタートのpv。
すでに吾郎ちゃんが完成してる。
逆に中居くんが幼く見える容姿。
慎吾ちゃんには相変わらず袖をあげたい。
海外のストリートがやっぱり似合う人たち。

 

「We are SMAP」と個々の名前を表記しているところに意図が見えます。
ここからは「Clip!Smap!」にも収録されているpvがちょくちょく出てくるので、一度は見た事があるものがいくつかあります。

 


㉓「SHAKE」

「青いイナズマ」と一気撮りしたであろうpv。舞台裏ver.てところでしょうか。

こっちの方がSMAPらしいというか、やっぱり彼等は気取らなさの中に格好いいがあるのがいいんだよなあ、と思います。